血管リンパ管の働き】女性に多い、むくみの原因、血管とリンパ管の機能について

血管とリンパ管の働き

リンパ管の働きとむくみ

からだには血液を循環させるための【動脈】と【静脈】という血管が網の目のようにはりめぐらされています。そして体液を全身に巡らせるための【リンパ管】があります。
血液がリンパ管を通り、からだのすみずみまで血液が循環して体液が作られます。

血管とリンパ管の役割

酸素を送り二酸化炭素を回収
栄養分を運び不要物を回収
免疫を担当する白血球を運搬し細菌やウイルスなどを退治

※血液を心臓に戻す役割をもつ静脈とリンパ管のはたらきが悪くなると、むくみが生じます。

動脈

動脈は、心臓から送り出された血液を全身に運ぶ血管

全身循環のポンプである心臓の拍動により血液がからだのすみずみに送られ、細胞や組織に酸素と栄養素などが届けられます。

毛細血管

毛細血管は、非常に細い血管の事です

毛細血管とは、
心臓から送り出された血液を全身に行き渡るために、太い動脈がしだいに細くなり、最終的には組織の細部をめぐる非常に細い血管の事です。

動脈側では血液成分の一部が漏れ出して酸素や栄養分を細胞に送り届け、静脈側では二酸化炭素や細胞内にたまった老廃物(不要物)を再吸収しています。

静脈(じょうみゃく】、動脈

静脈(じょうみゃく)とは、毛細血管から発生した静脈血を心臓に送るために使われる血管の事です。一方、動脈(どうみゃく)とは 、 血液を心臓から送り出す血管の事になります。

静脈動脈によって全身に送られた血液は毛細血管から外に漏れ出し、
その後、二酸化炭素や老廃物などを多く含んだ血液が毛細血管に再吸収され、静脈を通って心臓に戻ります。

①筋肉ポンプ

整脈をからだが筋肉運動するときに力で抑える、ポンプのような働きの事

筋肉ポンプの構造
筋肉ポンプとは、心臓から動脈をとおり送り出される血液を整脈まで届けるために手足の筋肉が整脈を挟んで、筋肉運動するときのちからで整脈をおさえる、ポンプのような働きの事です。
筋肉ポンプは、長時間同じ姿勢で座っていたり、立っていたりすると、上手く働きません。
そのため、筋肉ポンプが上手く働かないことが原因により、足が特にむくみやすくなります。

②逆流防止弁

逆流防止弁とは、血管の内部にある血液の流れの逆流を防ぐ構造の弁の事です

静脈にはたくさんの逆流防止弁がついています。
筋肉ポンプで血液に圧力をかけ、弁から弁までの短い距離を次々に押し上げていくことで、静脈血がたまるのを防いでいます。

リンパ管

リンパ管は、動脈や静脈による血液の循環とは異なる体液の経路です

リンパ管、静脈動脈とは異なる体液の経路で、リンパ管の中を流れる体液を「リンパ」と呼びます。

リンパ管は、皮膚のすぐ下にあるリンパ末端と呼ばれる部分からはじまりますが、
リンパ末端は、植物の根のように細胞や組織のあいだに非常に細かく分布しており、
毛細血管から漏れ出した体液を吸い上げて管の中に取り込み、太いリンパ管に運んでいきます。

リンパ管の構造、流れ方がリンパ浮腫の発症に大きく関係しています。

リンパ管の機能について

自動運搬能

リンパ管は、一定のリズムでリンパを運ぶような収縮運動をしています。

逆流防止弁

リンパ管にも静脈と同じように、リンパの逆流を防止するための逆流防止弁があります。

筋肉ポンプ

リンパ管でも静脈と同じように、筋肉によるポンプが重要な役割を果たしています。
筋肉がリンパ管を圧迫するように運動することにより、管内のリンパが逆流防止弁を開く方向に流れるのです。

静脈の筋肉ポンプとの違い

リンパ管は、皮下組織の中にあるので、ストッキングや包帯などで皮膚を圧迫しながら筋肉を動かすことが重要になります。
そうする事により、筋肉と皮膚の外からの圧迫で皮下組織の中のリンパ管が刺激され、リンパの流れが活発になります。
リンパ管を説明するための図

スポンサードリンク

ページの先頭へ