【女性と足とセルライトのむくみ】セルライトの対策と解消法。足のむくみ(セルライト)を対策して、足美人になろう

女性とセルライトの関係

女性の体質とセルライトについて


女性はもともと体質で脂肪を下半身に貯めやすく、
上半身に比べて、下半身は約6倍
脂肪を溜め込みやすいので対策が必要になります

女性

女性ホルモンとセルライトの関係

セルライトが下半身に蓄積するのは、女性ホルモンとも深く関係しています

女性ホルモンの種類

女性ホルモンには、主に卵胞から分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」、主に黄体から分泌される「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。
このエストロゲンは胸、太もも、お尻、腰、ひざまわりの脂肪蓄積を促進し、プロゲステロンは水分の停滞やむくみの発生を促します。

妊娠中にセルライトができやすくなる

妊娠中はセルライトができやすくなります。なぜなら、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が高い状況になり、女性ホルモンの影響が強く出るため、セルライトができやすい状態になります。

ピルの服用

ピルの服用や卵巣をはじめとする婦人科系の疾患、更年期障害の治療によるホルモン補充療法も、セルライトの発生につながることがあります。

子宮がん,子宮頸がん,の治療の影響

子宮がんや子宮頸がんなどの骨盤周辺の手術を受けた女性は治療後、リンパの流れが阻害されやすく、セルライト発生の要因のひとつになります。

ストレスの影響

ストレスは特定のホルモンを分泌させ、体内ではビタミンCをはじめ多くの栄養素が消費されるため、神経系、免疫系、ホルモン分泌にも影響が出てきます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ